2007年02月10日

強さと引き換えに

祖母が死んだあの時

数日間

そして今

昔では寂しくて苦しくて
部屋の隅で ひとり

昔は痛かったものが
同じ出来事が
同じ日々が
昔より痛みは減っていた

葬儀の間までは我慢していたもの
それは戻ってきても流すことは出来なかった

最近になり、行動力がついたのか
近辺のアーティストさんと知り合う事が多くなった
人と知り合えば知り合う程、嬉しくなった

「社交的な方ですね」

嬉しかった

だけど 俺は貴方方が思っているほど
強い奴ではありません

空を見上げることが多くなった
どこかで視ていると

今日は何も無い日
特別でも何も無い日

でも 何故今頃流れるのだろう
こんなに苦しいのだろう

もう 誰も居ないのに


たまっていたものが流れれば
きっと新しい何かが待っているんだ

だから、今だけは 許して


大切なものが無くなった時
それは永遠にもなる

祖父にも 祖母にも 俺は近くに居れなかった
いつか 両親さえもそうなってしまうのではないかと 怖かった

大切な人ほど 最期には会えない
患者さんには何十人と 居たのに

一度弱くなると 立ち直るのに時間が掛かるから
明日になったらちゃんと笑っていよう
【関連する記事】
posted by しか at 00:26| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 語り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック