2005年06月26日

コリン性蕁麻疹 メモ

どーやらうちはこの病気?のようです
物心ついた頃から運動すると下半身全体が蚊に刺されたような痒みに襲われて歩けなくなってました
まぁ今もですが。
お陰でマラソン大会なんぞ毎回ビリです
終いにはギャラリーも帰ってるというオチです
アレルギーと思い込んでいたのですがちょっと違うっぽぃ?
先天性ではありますが、遺伝ですから('A`)

調べてみたところコリン性蕁麻疹っぽぃのと判明
初めて聞いたものなのでまとめ

●コリン性じんましんは、運動、温熱刺激精神的緊張によって誘発されるじんましん
●10〜30台にかけて多く、20歳前後の青年期に特に多い。
●運動や風呂、温かい食事や暖かい部屋に入って体が暖まったり、喜んだり怒ったりして興奮したときに、周辺に紅暈を伴った針先の大きさから4mm大の点状の膨疹が顔面、四肢末端より、むしろ体の中心部に認められることが多い。
●自覚症状としては、かゆみ、あるいはピリピリとした痛みを訴えることがある。
●数年ぐらいして治るものが多い。全経過は3〜16年、平均7.5年という報告がある。
●汗のかきはじめに出やすい。ピリピリと痛みを伴う事が多い。アレルギー体質の人に多い。
●アセチルコリンという物質に対する過剰反応によって生ずるもので、運動や発汗で誘発させることができる蕁麻疹
●不規則な生活をしていたり、ストレスを溜めていたり、感情的になりやすい人、神経質な人が発祥しやすいと言われています(まさにうちのことだ_| ̄|○

とりあえずこんな感じか('A`)


調べてくと同じ病気?の方でこんな文が


この蕁麻疹は「副交感神経の障害」でもあるらしいので「ストレス」が危険だそうで病院の先生にも

「出切るだけストレスのない生活を送って下さい」


無理だな。

うちは汗をどっちかというとかかないほうなので
それが原因でもある様子。

治療法はまだないらしい、軽減することは出来るらしいが。
はぁ('A`)
【関連する記事】
posted by しか at 20:47| 大分 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。